スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第五回 感想

05-09,2011

涙の板前慕情

「絶対止めます! 今度こそ!」

行くに行けず未熟者・民子、面倒見のいい先輩・巴さん
厳しく優しい板長・蓮さん、迷ってそれでも突っ走って緒花

過去……民子の料理人になりたいから、という情熱……
肯定したい気持ちもあるし、疑問に思う気持ちもあります
本当にその子の納得できる道、未来に繋がっているとも
若者が勝手に自分の世界を作ってこだわってるだけとも
……ただ言えるのは、どっちにしたって、迷うのも走るのも
その時分の子どもの話なのだから、いいのかもしれません
徹さんに憧れるというのも、経緯からしてよく分かります
未熟なキャラを育てる物語はウケが悪いかもですが、好き
引き抜き……徹と、喜翆荘との間で、揺れずに揺れる感じ
分かったつもりで分かってないのは民子なのかもしれない

そして面白かったのは、やっぱり、同じくまだまだな緒花
今まで通り、そんな未熟な緒花のストレートな発想と応援
彼女自身……是とも非ともとれる部分……きっと、可能性
喜翆荘という空間に吹き抜ける風となり、否応無く、影響
分かってないから分かろうとできる緒花、いい主人公です

またそういう行動の反射、民子の姿から感じた「好き」から
孝ちゃんのことを考える……というところもまた素敵でした

って徹さん……引きとめたのは緒花だけって……ああもう!
何か違う! あるのかないのか先の展開が楽しみだけれど!

望み札、前回より話の流れの中でいい雰囲気で、地域性
こういう脚本・演出だと、田舎・旅館という舞台も映えます

しかし……他の旅館に行って文句って、さすがに営業妨害
仕掛け・緒花としては働いたと思うけど、もう少し罰が欲しい

● 女将さんのしげ子ちゃん呼びがよかった、昔馴染み感
● 前回のヒキから、このいきなりの着替えシーン始まり
● 序盤、菜子と登場、巴さんの私服の感じが好みでした!

――――――――――――――――――――――――――――――

すぐに仲良くなったかと思えば、結構じわじわと険悪を通過して
それでも距離は少しずつ縮んでいた、仲良くなって良かったよ!

そしてラストの画、旅行パンフを見る孝ちゃんの携帯にメール
たまらんかった……! 孝ちゃんは出番少ないのに実に好印象

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

花咲くいろは 5話

ホビロン同士仲良くやろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」5話 突撃少女の巻。 自分を拾ってくれた人。 自分のために頭を下げてくれた人。 惚れる以上にあこがれと、尊敬と、何より感謝の気...
2011/05/09(月)23:15:11 | アニメ徒然草

花咲くいろは 第05話「涙の板前慕情」

「みんちでいい」 「その代わり・・・好きなあだ名、書いて、呼ぶから」 「付けて欲しかったんでしょ。菜子から聞いた。望み札に書いてあるなら呼んでやってもいい」
2011/05/10(火)00:02:40 | 記憶のかけら*Next

[アニメ]花咲くいろは 第6話「Nothing Venture Nothing Win」

そろそろ岡田磨里・脚本が欲しいな、個人的に。今回の浦畑さんも十分にいいんだけどね。『花いろ』でマリー節が見たい。
2011/05/10(火)17:59:01 | 所詮、すべては戯言なんだよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。