スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aチャンネル 第六回 感想

05-24,2011

真夏の夜の… A school in summer

夏、夜、学校、青春。

続、夏。夏休み回。さすが青春アニメ。

前髪、切ったげようかは怖いでするんちゃんw
ああああああああ……安定のパッツン!
ちゃんと変なふうになって(かわいいけど)
落ち込んだり、文句を言ったりして
でも、デコ出した、お揃いは嬉しかったり。
トオルは、るんちゃんラブでありつつ
言いたいことがあれば言う。ただの姉溺愛妹にあらず。
優しい、気がつく、ぼっちっぽいけど、いい子。

ユー子も、早とちりだけど、弄られだけど
下級生の教室に心配だからと突入はなかなかできない。
結局、救難信号でもなくて、また弄られでも、です。

それにしても、自宅での私服がみな力が抜けてて素敵。

夜の学校……忘れものを取りに行く……
なんだかちょっと無理が……次の日に行けば……。

夜の学校に侵入する青春!だと思ってみる。
それならもう少し、冒険感、ダメなのに感
ちょっとした不良なノリを自覚していればもっと
青春っぽさが、グッと打ち出せたのかも……。
今回もあった挿入歌もですが、そういう面を
意識していたところはあったように見えましたし。

ユー子 「今日はみんながおってくれてよかった」
そういう部分ならばストレートに、分かるし好きです。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。