スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~ 第八回 感想

06-07,2011

微熱乙女


尾張の人食い!? 良く描写されてきたノブナガが恐れられる導入
史実、第六天魔王、若本氏の効果でそういうイメージもありますが
この作品としては、未知の扱いを受ける、新鮮な新展開で興味深く

伝言ゲームでミスったミツヒデ……そんなオチがこの作品でしたw

そして、温泉タイム! 脱衣! ヒデヨシジャンプで……見えない!
はしゃいだヒデヨシの謎の人魚っぽい跳ねとかも、このアニメだ!
んなことしてて、すぐに風邪をひいてしまうのも、いいテンポです!

風邪でぐったり、弱気で、寂しくて、甘えて……様子が素敵でした

置いてかないで、一人はやだ……うなされ涙を流す、ヒデヨシ……
名乗らず、伊達先生マサムネが渡したのは、風邪南蛮渡来の薬
見つめるは、イケメンすぎる我らがノブママ……口移しでその薬を
なんと、その場だけを目撃してしまった、ミツヒデ……衝撃、悲しみ

ああ、いい子たちで、いい表情をみせて、だけれど、絡み合う……
コメディに強い作品なのですが、こういう定番が、ちゃんと面白い

また、個人的に好きなのは、いまだ謎の伊達マサムネの立ち位置
良い人か、悪い人か……や、まぁ前者と描写されているのですが
それはそうとしても、何か、考えていることがありそうで……楽しみ

過去に跳ばされるという、本来なら怖ろしい事態に遭った、教え子
そこで救いとなるのか、はたまた、少女が信じたい救いはないのか
見捨てる……実はなかなかに暗く、ifを、胸にくる妄想が出来ます

ファーストキスを可愛がるヒデヨシめっちゃかわいいいいいいいいい
なんと照れよったノブナガもかわいいいいいいいいいいいいいい!!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

戦国乙女~桃色パラドックス~ 8話

あけりんのソウルジェム、めがっさ濁りまくりにょろ。 というわけで、 「戦国乙女~桃色パラドックス~」8話 戦国ジェラシーの巻。 ぎゃー、あけりんやべえよやべえよ。やばすぎるよ。 魔女化も時...
2011/06/08(水)00:51:51 | アニメ徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。