スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第十一回 感想

06-23,2011

夜に吼える

こんなに、心が動いた一日は、初めてだ

期待していた雑誌記事は、意外や、厳しい評価で……
しかもすごいホテルが建つ……揺らぐ湯乃鷺温泉郷

雑誌社に抗議する……久々に、緒花が全力で痛いことを
いい感じに進んできたところで、忘れず叩く、定番の流れか
女将の正論 「評価は他人さんにしてもらうもんだ」
まだ分かってない、正直、ただのバカとしか見えなかった
この緒花を、ただ否定するのか、一分を掬ってあげるのか

というところで、書いたのがママンというのは、すごく上手い!
……いやまぁ、話を逸らすのか、ってのもありますが
実際、母と、娘と、家族の話に……ここでブチまける緒花はそりゃ
否定のしようがないからなぁ、彼女の身の上と融合られると

ダメ母でも彼女なりに必死で緒花を育てたのはそうだろうし
緒花だって、ブツかろうとすることに、他人は何も言えまい

緒花の方から孝ちゃんに連絡とったのに、バイトかぁ……w
ちょっと寂しく?バイト先を見に行く緒花……いちゃこら!
ああああ、青春パートよな、青いわ酸っぱいわ、いいわー!

雨が降っても断固座り込み、一緒に喜翆荘に来いババァ……
そんな雨の中、孝ちゃんが駆けつける! やるじゃないかもう!
久々に会った、ぎこちない会話、お互い意識……切ないなぁ
孝ちゃん挿入、決して独立した楽しみじゃなく、絡むのもよい

頑張ってるか? うん、でも結果が伴わないと、お客さんの満足
序盤の突っ走り、ここで静かに再び触れる、ズルい気もするけど

あーまぁ、何より、二人の青春青春で十分、素敵ですもの!

そして「ちゃんと返事をしないなんて失礼」で、また絡み合う
緒花の成長、主人公だから許される? 違う、ダメなとこから

思い通りにいかない色々、16歳の少女にはゴチャゴチャすぎて
ああ……雨の中、いっぱいいっぱいになって走り出すとか重い
良いとか悪いとか違って、そのゴチャゴチャが表現され切った!

そこで、民子と徹とバッタリは、どうかとも思いましたが
きっとそういうことじゃないのでしょうね、いや優しすぎ?

何にしても、甘やかさず、だけれど想いのある作りが嬉しい
来週もまた響きそうですね、「人」がいる物語って素敵だわ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。