スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE 第十二回 感想

06-23,2011

#12 「静止限界のドグマ」

七千万年前……迷うおかりん、追うまゆしぃ、妄想なの?
たくさんのうちの一人とも、オリジナルとも……思わせぶりな
いや、SFと言わないといけない? では、あざといと言おう
謎のアバン、でも感じられるのは主人公の困難、これ王道
自意識を刺激するようなのじゃなくて……「物語」として
面白いのを期待するのです……自分を忘れて没頭するやつ

技術的にも助手が色々語りましたが、さらっとでもいいかなぁ
まぁしかし、そうはいっても「想定科学ADV」だから当然かも

さて、面白そうなのはそこから、岡部の決断、「実験はしない」
然るべき機関に任せよう……でもここでこうということは……

「ラボメンが抱えてる問題は、必ず俺が解決してやる」
かっけええええええええええええええええええええ!!
惚れるわ! 岡部倫太郎! ああ、好きだわー彼は!!
「大切な仲間だからだ」 実際、だからシュタゲを観る
二人で見つめ合って顔が赤いのもニヤニヤだよーーー!
……まー、作ってるとこがとこ、これだって、あざとい
違いないのだろうけど……や、でも、没入だもの、イイ!

ツンデレx2、なんだこいつらw てか久々ミンゴス萌え

すぐ後にダルと絡めて先の発言をネタにするとかなぁ……w

――――――――――――――――――――――――――――――

鈴羽、登場……修羅場だ、まゆしぃどんまい、オカリンいけ!
……ああもう、どっちの女にも敵わない、やっぱり修羅場だ!
ほうおういんさんの弱腰おたおた、素敵だなぁ、かわいいぜw

仲良くなるような気配を出しつつも、でも、どうなのだろう
それでも根本の部分によってシビアに、シリアスに尽きる場合
でも、この作品の王道な魅力からすると優しい可能性も……

そんなところで、まゆしぃもまだまだ……オカリンと二人
まだまだ、というか、この二人はずっと、かな……いいなぁ
それだけに、複雑でもある……うむ、難しいな、素敵だな

昔は寂しかった……今ではみんなが……やっぱり、青春やなー
って、「もう大丈夫だね、まゆしぃが人質じゃなくても」!?
あれって、オカリン→まゆしぃの掛かりかと思ってた……けど
まゆしぃ→オカリンの掛かり!? うーん、総合的に⇔かなー?

テロ予告で電車が止まる……困るみんな、もっと、焦る鈴羽
時計が……時間が止まる? 強襲!!!???? 銃!? 何!?
ああああ、桐生萌郁……「タイムマシンはSERNが回収する」

「椎名まゆりは必要ない」、撃たれたまゆしぃ……死か!?
そっか忘れてた、タイムマシン……これ以上ない理由だ……
古典的であるし、今まで積み上げた現代的なADV的日常描写も
意味を持つよなぁ……さすが、怒涛のヒキだ、さすがだのう!

――――――――――――――――――――――――――――――

結局、生き死にか、あざといのでしょうけど、しかし良い
勝手に求めるのは勝手ですよね、たしかにこの物語は見事
それでおkだ、ああああああああああ次回が待ち遠しい!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

STEINS;GATE 12話

ちょっとフェニックスの尾買ってくる。 というわけで、 「STEINS;GATE」12話 凍りついた時間の巻。 そんな…まゆしぃ…。 貴重なラボの要が。貴重な花澤さんが。貴重なおっぱい要員が。 幼馴染は負...
2011/06/27(月)23:46:15 | アニメ徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。