スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ 第三回 感想

07-21,2011

日本迷宮

ごぉーん、ごぉーん。

日本ってどんなとこ。木と紙の迷宮。山河のミニチュア。パリを描く、それは日本を描く。異国を通して、文化を描く。パリの様子が美しくあるなら、日本も輝く。そういった作りが第一回からされていて、またみせてくれた第三回。訪れて見てきたオスカーの感想、聞きなれず驚くクロードの想像。

小さな色々、小さな湯音の国。それにしても、湯音ちゃんの手、ほんとに小さいですね! クロードと比べても、だいぶ。小さすぎて、壊しそうで、怖い。いえいえ、その実、結構、頑丈ですのよ? といって文化の表情が、物語に落とし込まれていて、そして、それは落ち着いた筆致で、とても好みだ。やっぱり、日本人として、日本の文化が上手な作品構造で素敵に紹介されるのって嬉しいですし。

バイオリンをモチーフにした看板を考え、悩むクロード。気に入ったら買ってもらえる。以前は受けなかった仕事。そこまでしないといけない経営状況……。ギャルリは潰れない、潰させない。

あら! 新しい子、アリスちゃん! 日本のものが大好き。ブランシュの家の子で……ギャルリを手にするかもしれない子。さらっとギャルリは潰れてホテルにされるかもって!? ああ、誕生日に姉から贈られたのは、あの湯音の着物。いいなぁ。丁寧な運びだ。きちんと。この子が、湯音のお友達になって、クロードたちと共に、また違うように、きっと新鮮な影響をくれるのではないか。湯音からも伝えられるのではないか。そんな風に、登場の時から思わせてくれるのは、空想が許されるというのは、物語が止まっていない、鼓動しているから、流れを感じるからなのかな。

湯音とクロードの生活の描写も素敵。頑張る少女、不器用でも気遣う青年。パリに憧れていて、自ら来たいと言ったのですね、湯音ちゃん。ああ、オスカーの、おじいちゃんの、小さな湯音を見守る、小さいけれど力強さを持っている湯音を近過ぎず遠過ぎず見守る、視線が暖かい。

実家にお手紙? そういえば、しっかり読み書きできるのですね。名前。湯音。お湯の音。日本人、自然の音、美しいと感じたり、ほっとします。共感できる、湯音の言葉。

――――――――――――――――――――――――――――――

悩んでいた看板が完成! 音の字を! これは美しい! 先からエピソードとしても、看板としても。"音"という形、これが思えば、整っていてまず美しく。意味と合わさり、より、とても感性にあふれた表現になっている! 注文主にも気に入ってもらったみたいでよかった! 湯音の字を使ってみたんだ。いいだろ? そのクロードの笑顔もとても魅力的だった。かわいいなぁ。クロード、ご主人様で、職人の若者、いい子だなぁ。そして、湯音に便せんを買ってくる……ですって! なんていい子!

一人で店番。黒猫が気になってほっとけない、でも店番……ううううう!って湯音ちゃん、かわいいw あら、急な雨……。迎えに行く。パリの街、和傘をさして。湯音も、クロードも、お互いを想い合っていて、ああ。

日本人、音、楽しみます、傘をうつ、雨の音も楽しみます。悪くない。この表現、やりとりも、今回を通して、名前、看板など、関わった形になって、さながらクロードの作品のようかもしれない、作りの美しさ。

パリの雨はすぐに止む。交流、なのですよね。パリの雨に日本の傘が咲く。穏やかなBGM。あがった空から陽光が射す。辺りを照らす、パリの夕景。クロードの子どもの頃からずっと変わらない、彼の好きな景色。湯音が隣に。教会の鐘の音。寺の鐘の音。違って、一緒。一緒で、違う。それぞれの、音。

Cパート、アリスちゃんの勢いのある楽しさと、湯音との出会いか、進展するかお話と引きに。軽快で心地よい引きでした!

――――――――――――――――――――――――――――――

感動でした! しっとりと、沁み入るように、心を満たしてくれました。なんて美しい作品なのだろう。そして、堅実な職人の手の感触がある。ふんわり夢幻があるのではなく。そうやって、詩情なのです。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」 感想

風情交換。 昔からの原作読者からするとアニメ絵は結構違っていて それに慣れるのに時間を要したりするんですが 3話目にしてようやく「アニメ湯音」に慣れてきた気がします。原作よりも更に幼めですからね(笑)。 でもこれはこれで普通に可愛いかなー、と。...
2011/07/21(木)21:21:01 | 超進化アンチテーゼ

異国迷路のクロワーゼ 第3話 「音で伝わる、音が伝わる異国迷路」

フランスを舞台にしたこの作品で、古き良き日本を感じられるはいいですね。「音を楽しむ」 がテーマになっていましたが、折り紙や傘のほかに、湯音が履いてる下駄も 「音を楽しむ」 アイテムですよね。 ...
2011/07/21(木)21:28:17 | スキマの美学

異国迷路のクロワーゼ 第3話 「日本迷宮」

第3話 「日本迷宮」 今回は音にまつわるお話。 看板の注文を受けたクロードですが、それは気に入れば買ってもらえるという条件での製作。 以前ならばそんな注文は受けず、逆に突っぱねていたであろ...
2011/07/21(木)21:32:28 | いま、お茶いれますね

異国迷路のクロワーゼ 第03話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」

木と紙の迷宮に干し草の絨毯
2011/07/21(木)21:40:16 | 記憶のかけら*Next

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」 レビュー・感想

不思議の国『日本』に迷い込んだアリスならぬクロード  湯音のアイロンの話から日本に興味を持つクロード「日本ってどんなところなんだ?」 あっ、フリーズ・・・(笑) なん ...
2011/07/21(木)22:23:40 | ヲタブロ

異国迷路のクロワーゼ 第3話 日本迷宮 Labyrinthe du japon

湯音とオスカーに日本の事を聞くクロードですけど、そのイメージは… まぁ、実際に見た事のない物を正確に想像する事は難しいですけどね。 クロードに仕事が入りますけど、気にい ...
2011/07/21(木)22:24:54 | ゲーム漬け

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」

パリの音、日本の音。 国が違えば音も違う、 音を楽しむ日本人には なおさらですね。 湯音がパリに来たのは、パリが見たくて オスカーに頼んだからでした。 意外に大胆な行動力ですねw  ▼ 異国迷...
2011/07/21(木)22:43:35 | SERA@らくblog

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第03話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第03話「日本迷宮 Labyr
2011/07/21(木)22:44:43 | 藍麦のああなんだかなぁ

異国迷路のクロワーゼ 3話

ゆねっち「アイデア料として売り上げの一割な」クロ「マジすか」 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」3話 相合傘の巻。 木と紙の迷宮。 爺さん、上手いこと言うなー。詩人だな。 日本文化の...
2011/07/21(木)22:50:33 | アニメ徒然草

『異国迷路のクロワーゼ 』 第3話 感想

日本人は音を楽しむモノ。 確かにこのアニメの音は聞いているだけで癒されますね。
2011/07/22(金)00:12:35 | シュミとニチジョウ

異国迷路のクロワーゼ 第03話 『日本迷宮』

キーワードは「音」。新しい看板制作を請け負ったクロード。しかしそれは「出来上がって良かったら買う」というリスキーな物。ダメだったら全くの無駄。せめてデザイン画で決めて欲しい。従来のクロードならそんな仕事は突っ返していた。 それを受けなきゃならないのが店
2011/07/22(金)04:27:20 | こいさんの放送中アニメの感想

■異国迷路のクロワーゼ 【第03話】日本迷宮

異国迷路のクロワーゼ Partie03:“ Labyrinthe du japon ” 第03話:「 日本迷宮 」の視聴感想です。 紙。 木。 音。 雨。 鐘。 夕景。 子供の頃からこの空だけはずっと変わらない。 ↑さぁポチッとな

異国迷路のクロワーゼ 3話 日本迷宮 感想

日本迷宮、一体なんぞぞれは?
2011/07/22(金)06:27:34 | KAZUの暮らし

異国迷路のクロワーゼ #3

【日本迷宮】 異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)著者:武田 日向富士見書房(2009-06-09)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 今日もオスカーさんは口説き中! 
2011/07/22(金)12:36:16 | 桜詩~SAKURAUTA~

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮 Labyrinthe du japon」

一挙一動がとっても可愛い湯音ちゃん。 おしごとなくなっちゃってしょんぼり(ノ_・。) お菓子食べてパアアアアアアアア☆彡 お手手ちっちゃ~いо(ж>▽<)y ☆ とてとて歩く湯音ちゃんたまらん(≧▽≦) 日本と...
2011/07/22(金)15:23:01 | のらりんすけっち

「異国迷路のクロワーゼ」 #03『日本迷路』

 #03「日本迷路」  「そうだよなぁ・・・湯音の国だもんなぁ・・・」  外国人の日本に対する間違ったイメージの理由が、分かった気がする。  湯音やオスカーから日本について聞いて、日本...
2011/07/22(金)22:34:50 | おきらく委員会 埼玉支部

異国迷路のクロワーゼ #03「Labyrinthe du japon -日本迷宮-」

湯音がオスカー・クローデルにアイロンのかけ方を教えて貰っていたところへやってきたクロード・クローデルは、唐突に日本とはどういうところかと訊ねてくる。悩む湯音に代わって、オスカーが長崎は「木と紙の迷宮のようなところ」と答える。オスカーが説明していますが、...

異国迷路のクロワーゼ #03 『日本迷宮』 感想 ~ソラから迷宮に差し込む一筋のヲト~

  知ることから始まる相互理解。二つの国を音が紡いだ瞬間―
2011/07/23(土)10:11:09 | 隠れオタん家

異国迷路のクロワーゼ 第3話 感想「日本迷宮 Labyrinthe du japon」

異国迷路のクロワーゼですが、オスカーが日本について話します。日本の建物は木と紙でできており、草の絨毯までありますが、クロードは湯音を「苦労してたんだな~」といたわります。頭に団子をのせた裸の男たち塩を投げ合って戦う競技もありますが、団子に塩をかけて食べ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。