スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ 11号 感想 (一)

02-15,2010

ユンボル楽しみ。



BLEACH

ベストバウト投票結果発表!
投票数は少なめ、1~4位(※追記:3位同着)に一護。
おお、上位を主人公が獲るというのは、少年漫画としてなんだか嬉しい姿。
そして、ちゃんとバレンタインというイベント、ある種真面目さというか
ファンサービス、押さえるとこは押さえる、久保先生はそういうとこあるかと!
個人的にはこの中だと、巨乳vs貧乳!この2人はいいですよねやっぱり。
本編、雛森・・・!!
予想されていた感想サイト様もありましたね。
でも、これはよかったと思います。
誰もが"完全催眠"と読めているなか、ただそのまま「催眠でしたー」で終わらず
"冬獅郎が雛森を刺す"という意味あるものを持ってくる、というので。

NARUTO

「じゃあな…」と、同じ言葉でも、まったく違う表情で・・・上手かった!
カリンに特に思い入れはないし、過去もそんなにだったけれど
でも、これを言われたところは、結構キライじゃないシーン。

ワンピ

"ポートガス・D・エース死す"
・・・うう・・・サブタイからしてもう・・・。
穴あいて・・・先週、展開からしてそのほうがいい(軽い傷だとなぁ)と書いたけれど
今週、読んでるとこれはなかなかキツイ・・・。
でも、それでも、しっかり描く。
尾田先生はすごい・・・自分のキャラなわけで、作者だってツライだろうに・・・
等、色々思わせてくれた、エースの最期、やっぱり演出力が半端じゃないと再確認。
「愛してくれて………ありがとう!!!」はやべぇ・・・。
覇気で斬られて気にはしていても大丈夫?な赤犬、この状況で名前が出るダダン
その後のルフィ・・・と、気になるとこも。
(ついでにバギー。赤犬を止めろのとこで映ってるのは何か印象的でした)
そういえば、これがルフィの17歳最後の冒険って話もあるんですよね。
確かに分散してる一味のこと考えても、時間は必要だけど・・・どうなる・・・。
(※追記:17歳最後の冒険、この言葉自体は映画のことでしたっけ
 で、映画は時系列的に、シャボンティ前説、戦争後説等があって
 シャボンティ前説から、意味としては、この戦争後に時間が飛ぶのでは、という捉え方があると)


バクマン

一瞬しか出ていないのに、イヤらしさが伝わる茨木さんすごい。
岩瀬さんは、そういう展開とかではなくて、ぱっと見ためのイメージ
何だか、編集部の人とデキちゃってズルズル不倫とかって風に見えた・・・。

ぬらり

歴女と言われればそう見えなくも・・・別に恐ろしい妖怪じゃなく
地味だけど綺麗な文化系の子、と思って見てみたらそれもいい・・・!
畏れない=下卑た、という感覚も地味にツボでした。
怖がることよりも、怖さを知らないことの方が、とそんなような。
「ほっとくぞ」というのも、最初は違和感あったのだけれど、これはこれで新鮮。
狐様は「ほうっておくぞ」がそれっぽい気も・・・いやでもこれもいいなーって。
(言葉自体に違和感はなかったし、関西の方言だっけ?)
13代目・・・実力者の彼が退くべきと言ったところで、立ち向かう気満々のリクオ達。
すごくカッコイイのだけれど、これで通用しちゃうと、13代目の格が少し・・・
でもそれで世代交代を示す・・・もしくは、一矢報いるものの退いて、どちらも立てる?
(そういうキャラじゃなさそだけど、土蜘蛛、特殊な何か持ちとかもある?)

トリコ

トミーロッドはドラマ版「ライアーゲーム」のキノコ的な。
基本近距離タイプ+フライングフォークのトリコ
虫弾幕張って起爆虫でデカイのも狙うトミー
すっごく素直に、やっぱバトル楽しい!

リボーン

なんという王道展開・・・!!
いつからだっけか、やけに往年の少年漫画を意識したようなの、入れたりしてましたが
これも、いいものだ・・・。
「オレは…ここにいるんだ……」のページの構成とかも好き!

こち亀

「現実はとてもいたい!」
どうせならペンキ絵はもっと露出を多く・・・。

べるぜ

新キャラっぽいのもいてますが、学園物語でどこまで出来るか、でしょうか。
一応ちゃんと学年のことは自分でもネタにもしてましたね。
それだけじゃなく、今後何か意味があるのかな?
たしかにカオスなんですが、キャラ大量投入で
狙い通り?回しやすくなってるような気はしました。
あとヒルダさんの乳とかチラチラ邦枝さんかわいいとか。

銀魂

くそぅぅぅぅぅぅかわええぇぇぇぇぇぇ!
・・・てか、沁みるわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
詐欺だとしても、ギャグオチじゃなくて本当によかった・・・。
綺麗に一話でまとまっていて、ラストのシーチキン缶とかもいい・・・
キャサリン、いつものに戻ったけど、それがいい。
マダオと銀さんが会うところがストリップなのもいい。

PSYREN

柔軟・多様、感じるところでしたが、改めて言及されましたね。
しかし、必要とあれば手を下せる主人公、それだけだと有能に思えるところだけれど
どうにもアゲハは危なっかしさというか、怖いところがある・・・。

ヘタッピR

読者は距離があって、休載という形でしか知らない。
漫画家さんが、漫画家さんに触れると
もっと深いところまで見えるのだろうなーという具合。
でも休載やめ!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。