スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ 11号 感想 (二)

02-17,2010

その(一) BLEACH・ワンピに少しだけ追記

幼女が、とても、素晴らしかった。



いぬまる

不良が普通のことしたら良い人に見える理論・・・?
いやでも、たまこ先生が言うように、チョーコは子ども好きというのは本当そうだし
フゥコリンのキャラ変貌っぷりは面白かったしw
これもいい・・・のだろか。
というか、先輩たち、いい人すぎる・・・。
"言えない"心境がどちらも、2人のキャラをいい塩梅に深めていて。
そういうのもありながら
お仕事らしからぬ状況や、同じタイプのスタンドやなんやら
やっぱり全体の流れは、笑いを中心にブレていないところが、上手い!

ハンタ

"卵男"、こういう能力でしたか。
喰らって生きている者はいない、的なことを言っていたので
手順を設けることで爆発的な威力を実現した、のだと思っていて、意外でした。
覚悟を決めた、イカルゴ
それを相手にしてるだけに、色々考えれば考えるほど、ズレてるみたい
一人相撲してるみたいな、ウェルフィン
面白かった!
さらっとイカルゴ、攻撃を普通に喰らっちゃってますが
結果として性格反映した相手の能力に救われた形でもあって。
しまいにはウェルウィン、やけにさっぱりしたみたいなのも印象的でした。
そして、また名の出たジャイロ、会長の足・・・!

死にかけ戦士!! 痩身マン (根田啓史)

『世奈押郎』の人。
あの読切では、絵・造形から、第一印象微妙と思ったら
いい人だったり、テンポよかったり、面白かったのですが
今回・・・特に敵ですが、こう・・・「汚らしさ」というのがやっぱり苦手だ・・・。
ただ、意識的にしてそうだし、ギャグ漫画だし、それでいいのかなーとは、一応・・・
結構読みやすく、実際笑えるというのも、ありますし・・・。
あと、女キャラ、かわいいっ!なんかエロい!(『押郎』の時も片鱗ありましたね)

スケット

考えたら漫画なのだから、そう描けばそりゃ似るのだけども
余計な演技を入れてくるヒメコ
前髪上げてるスイッチ(また彼まで汗かいてるのが!)と笑ったw
あと、最初に椿ひっかけた時(ヒメコがモノマネした時)の
ボッスンとヒメコのノリとか妙に好きだw

保健室

とにかく、花巻(後前田)さん、可愛いいいいいいいいいいいいい!
ほんとあれだ・・・イケメンこじらせて死ねばいい・・・。

彼方

SPLEENの話になると彼方を動かせませんね・・・。
ラストでスポットあててましたが・・・。

めだか

中学時代のめだかちゃんの髪型
めだかちゃんにツッコまれるオールバック善吉(多分本人はかっけぇと思ってそうw)
どちらも、かわいい!

黒子

おお!火神、ただ不足を埋めるための連携ではなくて
一対一も出来た上で、さらなる力として、強さを補い合う連携、と目指す!?
これはいい・・・!
黒子の告白、そしてそこで上の真意を明かさせるという構成もいい感じ。
わりと淡々としてるとも感じつつ、でもすごく盛り上がりました!

リリエン

そういえば兄は物作り特性あった・・・!
前にも触れましたが、自転車わくわくってなんていいモチーフだろう。
すっごく、見てていい気持ち。
・・・で、リリエンタールには申し訳ないけど
一回避けて2台目トラックくらったとこは何だか笑ってしまったw
・・・のだけど、その後、押して帰るリリエンタールで、ズキリと・・・。
嬉しくなってるリリエンタールを受け止めるさくら
一緒に遊んでいるゆき
コンビニに電話の兄
リリエンタールの心配をするてつこ
黙ってて自分で直そうとするリリエンタール
紳士的な紳士組・・・
先週の感想で、キャラが出来すぎてるかも・・・と書いたのですが
確かにそう感じたのは事実、でも、少し早まったかもと思ったほど
今週、素直にすごく良かったです。

ねこ

おやびん、トロ助、久々!六花ちゃん!!
終わっちゃいましたねー・・・。
各家庭の様子(にナレーション)とか、いい感じで
ああ、この感じをやっててほしかった、やれてればな、というのと
ラストにまたみれて良かった、等・・・色々思うけれど。
でも、やっぱり好きな漫画でした。
何でしょうね・・・最初はいい味出していたのだけど、票取れなかったのか
そこでテコ入れだけど、初連載、ただでさえ大変な中、上手くいかなかったのか・・・。
タマを中心に、キビマロもマンゲツちゃんもツンデレって画はよかったw
烏間くんもタマ好きでかわいいし、天然フラグ体質なタマ!パンツもラストに見せ!
打ち切り残念ですが、まとめとしては、いいとこ出てて、良かったかと。
次回作、期待です。

ジャガー

なんだこれ。
・・・でも、最初字でもっていったところで、どんどん動きでもっていくという
あの勢いの良さ、実はすごく計算して作られているのかも・・・いないのかも・・・。



>村田先生
ガイナに出入り・・・何かするのだろか?これは結構わくわく。

>松本先生
"悔しさ"を口にしてくれていてちょっと嬉しい・・・。カンバック!

>根田先生
なんか、かっこいい・・・!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。