スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ 29号 感想

06-21,2010

今週は何だかあまり感想が浮かびませんでした……。

べるぜPSYREN保健室マインズいぬまる



べるぜ

姫川、リーゼントをおろすと……!? んなベタな!
なんともさらっと……ポンとやっちゃうのが、らしい。
そういえばヒルダさん乱入で想像出来たかもしれなかったですね、魔界云々は。
……過去の話、古市も、もう触れていますが
男鹿は別にそんな悪くないんだろうなぁって、分かってしまうのがイマイチ……。
けどまぁとりあえず、「俺…何してんの?」は面白かったですw

PSYREN

Cカラー! なんとも大切に使ったCカラー!
光の加減かとも悩むのですが、フーちゃんの肌きれい。
雨宮さんの髪の塗り方、マリデリカの手の感じも素敵、等々。
って、当然3人も堪らんのですが、一枚絵としていいですよね、緑と花も映えて。
コミックス1巻の表紙でも思ったのですが、先生のセンス、時々めっちゃツボる!
本編では、朧?もですがやっぱり、涙うっすら浮かべ烈しいフーちゃんが印象的。
たしかに……彼女は助けに行こうとするだろうなぁ……。
キツいこと言っても、すっごく大切にしていたマリーだから……つらい。
でまた、大恩あるエルモア婆さんがって……どこまでっ……!

保健室

今までも生徒が巻き込まれたり、危険な目に遭ったりしましたが
病魔絡みとはいえ今回の、特にアシタバくんへの
分かりやすい直接的な暴力というのは、なかなかはっとします。
大人たちが、生々しく、間に合わない?間に合え!と焦る描写もあって
そして、ここからまた大人らしさ、子どもたちの子どもなりの頑張り
見られるよう収束するかもしれないと考えると、期待です。
"思慮深さ"、こないだ出してすぐ使う辺りも、気を引いてよかった!

マインズ (村田雄介)

絵……画面はさすが、センスと丁寧さを感じました。
キャラやお話は、読んでいて正直、盛り上がり切らなかったかなぁ。
うーん……きっちりしているとは思うのですよ。
短いなかで流れをちゃんと工夫し、「鋼の心臓」、まとめも。
ただ一つ二つ、さらに意外性というか個性があると、もっと"楽しかった"かも。

いぬまる

「感じ悪ぅ…」ではなくて、元気で長生きってホントだ
人生まだまだの若いもんの方がよっぽど、気合い入れないと無理だ……。
「果たしてワシらの年齢(トシ)まで元気に生きられるかな…!?」
ちょっとカッコいいのだけど……!!

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。