スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第三回 感想

04-25,2011

ホビロン

ホビロン!

● やっぱりOPのJ-POPさがどこかのTVドラマさに合う
● 「死ね!」  板場の修業者……民子の具合
  お腹をすかせておかないと……菜子の具合
  復讐のまかないの前に心づもりをする二人が可愛いw
  まだ残る相性の悪さ(=未来の相性の良さ?)
  嫌いじゃないけれど、ちょっと怖くて、苦手
  まどろっこしいと取るか、距離感の妙と取るか(後者派)
● 緒花が、いない……まかないが、ない……
  「裏切られた……! 私、また徹さんに怒られる!」
  民子の、緒花に対して、徹に対しての、印象
  里芋とほうれん草は準備済……緒花ちゃんは一体……
● 官能小説のネタにされて亀甲縛りされるヒロインwww
  上手く出来ない小説家に「あっち……先……」と言う
  そんな状況の緒花ちゃんのキャラクターの面白さ、でも
  コメディちっくに描いていても、とにかく、その画、動き
  艶めかしエロいいいいいいいいいいいいいいいいい!
● あや真面目に、「大丈夫です、大きな声とか出さないんで」
  コメディちっくにしている一因、でも、現代子の味
● "一発逆転を狙う小説家志望"というのは嫌いじゃないです
● 一方その頃、姿を見せない緒花をみんなが探す……
  色々、特に心配……複雑な感情の、菜子と、民子
  巴さんや番頭が動こうとしましたが、女将は大掃除を指示
● ………………………………………レズ☆ハッピー
  自分が登場する官能小説を試し読みする緒花ちゃん
  そこでのレズ☆ハッピーなイメージの本気がすごい
  いやーこの作品でこんなかなりのサービスが見られるとは
  逆にグッとくるものがありますね……レズ☆ハッピー
● 緒花を探す菜子……理由をつけて、小説家の部屋も
  隠されているのに、あっさりと出てきた緒花ちゃん笑ったw
  菜子も連れ込もうとして豆爺さんが出てきたのも笑ったw
● 従業員を信じていても、お客を疑うわけにはいかない
  疑っていても、疑うわけにはいかない、女将の立場
  小説家の性質、どうにもならんのを見抜いていた様子?
● 第三回で旅館を抜け出して……というのは意外かも
  町の様子……だとすれば綺麗だけれど、もう少しネタ風味
● だけれど、小説家の姿を通して……その抱えるダメさ
  未熟さ、捉え方によっては、変化球でテーマをという試み?
  ちょっとぼんやりしか分からず、言い切れませんが
● 緒花……素でズレているようで、たまに確信つくよう
  それは良いとか悪いは別で、相性がそうであるだけか?
  緒花ちゃんのキャラを立て、今後の活躍と進化の伏線?
● 断崖絶壁、女将が一つブつ、感動する巴さんが可愛いw
● ……って、小説家さん、まさか本当に飛びこんだ!
  って、菜子ちゃん、飛びこんだ!? あだ名、かっぱっぱw
  なるほど……前回の分を、今回で、掬いとる形……
  濡れて、透けて、色々、十分に取り返したかと……!
  泳ぎより仕事を教えないとですが、「ちょっと自信あるから」
  その一歩の意味がありそうですね、なんくるないさ
● 小説家 「死ぬことすら満足にできないなんて……」
  緒花ちゃんビンタ! 「次郎丸さん、才能ありますよ!」
  「私、輝きたいんです!」 それは小説の台詞……
  えっちだけど……自分でも気付いていない自分がいた
  私も分かってなかった私のこと、分かってくれていた
  小説家の姿、それに対する人々……緒花、示唆に富むか
  ……実際のところ、"輝きたかった"を単に文字通りだけ
  ゴールと解釈すると味気ないですが……まだまだよ!
● 海の近くで鍋、本当に美味しそうでたまらなかったw
  ほうれんそう回収、民子からおたま奪ってよそう緒花ちゃん
  上手いこと、まとめにも……我慢して食べて「ホビロン!」
● 死んだ旦那に孫のことを娘に似ていると話す女将……
● 夜、本で仲居さんの勉強をする緒花……ええ子や……
  死ね!以外の言葉を探してノートつけて民子……w
  ホビロン = "ほ"んとに "び"っくりするほど "論"外!
  その字が必ずしもかっちりきっちりしていないのも萌え
● ここまで一所懸命嫌われると、むしろ清々しい、か
● 孝ちゃん、最高のタイミングでメールしてきたなおい!w

――――――――――――――――――――――――――――――

えっちぃくて、レズ☆ハッピーで、面白かったのですが
旅館メンバー、旅館の姿を掘り下げる前に、外に出て小説家メイン
一応、仲間入りで今後にも線を引いていますので、ですが

というか、なんというか、ブレたようなこうじゃないというか
もうちょっとベタにジワジワ、ツライ目にあってコツコツでも

第一・二回と比べると、個人的にはすこーし落ち着いたかなぁ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

花咲くいろは 3話「ホビロン」 それは相手を思いやる魔法の言葉・・

皆様~ホビロンわ~(挨拶) 花咲くいろは 3話「ホビロン」見ましたよ! 花咲くいろはストーリー “喜翆荘”で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎(じろうまる・たろう)。彼の書きかけの原稿を...
2011/04/25(月)09:17:07 | あんずあめ

[アニメ]花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」

本当にびっくりするほど存在感を示す青鷺。略して、ホビソア。言いにくい。だめだ、却下だ。制服姿の民子可愛すぎる。
2011/04/25(月)10:49:46 | 所詮、すべては戯言なんだよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。